BackWPup Free プラグインの導入

作った(書いた)ものがある日突然消失したら。
ヤフー子会社のファーストサーバ障害事件が記憶にありますが、想像しただけでもゾッとしますね。
ブログはデジカメで残した写真と同様に大切なものですよね。
再構築するにも執筆した当時の熱量はありません。

ということでバックアップが大切!
WordpressはHTML,PHP,画像といったファイル群と、コンテンツを保存したデータベース部分の2つに分かれています。
昔から(というか用途によっては?)WP-DBManagerプラグインといったデータベース部分だけをバックアップするプラグインがありますが、完全に復旧するには不足なのです。
そこでBackWpUpプラグインです。
このプラグインは完全復旧に必要なデータをまるっと保存してくれます。
バックアップファイルは物理的に同じところにおいては意味がないのですが、
これはDropbox, Amazon S3, Microsoft Azure, Rackspace, SugarSyncといったクラウドサービスと連携しているので至れり尽くせりです。
これでフリーなのですごいですね。

ロリポップサーバーでエラーが出た(BackWpUpのバージョンが3.1.4)場合、まずPHPのバージョンを5.4以上にしてみてください。
それでもダメならこちらに詳しいことが紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA